トップページ > 北毛青年の家周辺の植物 > 夏の花一覧 > スイカズラ


(13)スイカズラ(スイカズラ科)

スイカズラ画像

 北毛青少年自然の家のグラウンドのフェンスや、日当たりのよい山野に生えるつる性の低木で、花の蜜を吸うと甘いのでスイカズラと言う名前がつきました。また、茎や葉が冬の寒さにも耐えるので「忍冬(にんどう)」、花が白から黄色に変わるので「金銀花」とも呼ばれています。そして、生薬として、解熱、解毒薬等に利用されています。さらに、花からは、ジャスミンとスズランをミックスしたような香水がつくれるという話も耳にしました。
 さて、いいことずくめのスイカズラのようですが、アメリカでは『ジャパニーズ ハニー サックル』と呼ばれて、嫌われもの植物のワースト1だそうです。初めは観賞用に栽培されたものが野生化し、競争相手がないまま畑地にまではびこってしまったのでしょう。ちょうど日本では、セイタカアワダチソウ、ブタクサ、ハルジオン等の帰化植物が嫌われているのと同じですね。