トップページ > 北毛青年の家周辺の植物 > 夏の花一覧 > トモエソウ


(40)トモエソウ(オトギリソウ科)

トモエソウ画像

 この辺りで見かけるオトギリソウの仲間は、オトギリソウ、コケオトギリ、そしてこのトモエソウです。
 コケオトギリは、草丈5cm、花はマッチ棒の先くらいのミクロに近い存在なので気づいてくれる人はあまりありません。一方、トモエソウは、草丈1m、花径5cm以上にもなるので、いやでも人目をひきます。そして、真夏の草原で黄金色に輝く5枚花弁を、プロペラのように空に向けて回転させようとしているその姿は、とても力強く躍動的です。名前は、この花弁が巴模様のようにねじれているので名付けられました。また、葉を透かすと明るく細かい点がまばら見えるのも特徴です。
 最近この花を見かけることが少なくなってきましたが、それでも、キャンプ場近くや小野子山の日当たりのよい草原で、元気に花を咲かせているのを発見するとほっとします。